女性の味方

手に出す薬

無茶な使い方をする方が多いらしいです。

プレマリンは女性ホルモンの一種であるエストロゲン関係の薬です。 婦人科で更年期あるいはMTF患者には処方され、薬局で購入することができます。 別の方法として個人輸入することもでき、最近では手軽に手に入るようになったっため使用者が増えています。 ただプレマリンは危険な薬物です。命を落とすようなことはまずないですが、生活に支障をきたす可能性は十分あります。 個人輸入である場合1.25mgが良く購入されます。 1.25mgではオレンジの錠剤で1日1錠服用することとなっています。 しかしネットではMTF患者が女性化を早めるために複数錠服用している記載がいくつもあります。医師や薬剤師にきちんと管理されていない場合はこのような使い方はしないでください。

プレマリンの副作用について

プレマリンの主成分であるエストロゲンは別名発情ホルモンとも呼ばれ、媚薬などに含まれている成分です。 胸を大きくしたり、食欲促進、女性らしい体付きにします。たとえ男性が服用しても女性化乳房といって胸ができます。 またプレマリンはホルモン剤であるため一度使うと止めにくい薬です。 乳房痛がひどくなり、階段を降りるだけでも酔った感覚になります。服にすれるだけでも痛いですし、冬場であれば服でごまかせますが、服用後比較的短時間で胸が膨らむため、周りの人にも気付かれます。 乳房痛より怖いことは食欲増進です。女性の方が生理後痛みからの解放と気分がいいため食欲増進するそうですが、プレマリンは正常の場合よりエストロゲンが高濃度になるため、この作用が強くなり、太りやすくなります。

生活の中で

医師と患者

生活の中には色々な細菌が潜んでいます。ヘルペスウイルスというものは、二種類あり発症はその場所によって種類が異なっています。ここでは、ヘルペスに感染した場合の発症状況などについて紹介していきます。

» Read more...

性病の進行を抑える

様々な薬

デリケートゾーンに何らかの症状が現れている場合は、性病の可能性が少なくありません。そのため、専用の薬を服用していって、このような体の悩みを解消させていくことが必要になってきます。

» Read more...

生理不順を解消

数人の医師

ピルを服用することによって避妊効果と、生理不順の改善に繋げていくことがあります。ホルモンバランスが安定化されるようになっているので、これらを用いて体調を整えていくようにしましょう。

» Read more...

EDの改善に役立つ

看護師と患者

精力剤を服用していくことによって、EDの症状を改善させていくことが出来ます。精神面の安定化を行ってくれることもあるため、日頃ストレスを抱えている人にとって最適な薬であると言えます。

» Read more...